世の中には若さを維持するための方法がいろいろと紹介されています。美容整形やエステ、化粧やサプリメントなど豊富な種類の商品やサービスが溢れています。若いと願う女性たちにとってはどれもが魅力的な方法かもしれません。事実、多くの女性がこれらの方法を用いて若く美しくいられるよう努力を続けています。技術も進歩し続けていて、細胞レベルからアンチエイジング効果のある医療や美容技術が開発されています。これらの手法を用いることで少なくとも表面上、若々しい姿を維持することは以前より容易になっているでしょう。ある程度費用をかければそれなりの結果を得ることはできるといえます。
しかしそれはあくまで外見上、つまり見た目の違いにすぎません。人は自然に老いていきますが、いつまでも若々しいと周りが感じる人もいます。それは、決して見た目で判断されているのではないはずです。周囲の誰もが若いと感じるような人は、内面から若々しさが自然に出ているような人ではないでしょうか。気の持ちようが若い人は考え方や行動にそれが現れ、結果として周囲に若いという印象を与えるのでしょう。よく年齢を感じさせない人という表現がありますが、まさに気の持ちようが若いことを指しているのに違いありません。その対極にいるのが老け症の人といえます。年齢は若くても、考え方やものの見方に若さを感じない人は確かにいるようです。女性にとって、若さを保つことは生き方としてとても大事だとい言えます。外見を気にするのはたしなみとして当然ですが、それよりもっと大切なこととして、内面の若々しさを磨くようにしてほしいものです。